デザイン開発

これまでの経験で得た開発プロセスを基盤に、課題解決に取り組み、
ヒトとビジネスに寄与するコミュニケーションデザインを実現します。

開発媒体

グラフィックデザイン、イラストレーション、UXデザイン、Webデザイン、UIデザイン、CI/VI(ロゴ・シンボルマーク等)、パッケージデザイン、冊子、ポスター、写真、映像、キャラクターデザイン等の企画制作。

Basic Policy

ユーザー中心設計

私たちはデザイン開発において、まず「ヒト」が中心であることを前提に開発を進めていきます。ヒトが何を必要としているか何を感じるかを問い、目的を深く読み解き課題を明確にし、解決策の方向性を決定します。ユーザー視点に立ち、理解、調査、思考、アイデア、設計、構築、検証、適用を行い、課題解決の最適な戦略、ソリューションをご提供します。デザインを通じて、ヒトが感じる心地よさや使いやすさ、そして感情に訴えかける設計を行い、ヒトとビジネスに寄与するコミュニケーションデザインを実現します。

デザイン開発イメージ
User Experience

喜びの仕組みをデザイン

ヒトはより良い体験によって、満足感、快適、幸福感を得てポジティブな気持ちになります。ヒトの体験の質はユーザーインターフェース(UI)で変わります。同じコンテンツでもUIが適切かどうかで得られる体験は大きく変わります。しかしいくらUIが良くても、コンテンツが悪ければよい良い体験は得られません。また使うヒト(年齢、性別、文化)の違いによっても体験は変化します。これら全てを考慮し、より良い顧客体験を生み出す仕組みをデザインします。

デザイン開発イメージ

サービスフロー

安心してご利用いただけるよう、きめ細やかでスピーディーな対応を心掛けております。

  • 1

    お問い合わせ

    お問い合わせフォームか、見積もり依頼フォームよりご連絡ください。

  • 2

    ヒアリング

    ご相談・問題・課題などをヒアリングいたします。

  • 3

    ご提案

    お客さまの課題の解決策をご提案いたします。

  • 4

    制作開始

    準備が整い次第、制作を開始します。

※見積依頼フォームよりご連絡の場合は、制作開始までのお時間を短縮することができるのでオススメです。

開発プロセス

これまでの経験で得たプロセスを基盤に、コミュニケーションデザインを創造します。

  • 1.

    理解

    お客さまからのご要望、目的を読み解き深く理解する。

  • 2.

    調査

    必要な資料を収集し、競合他社を含め徹底的に調査する。

  • 3.

    思考

    目的やテーマを軸にユーザー視点のマインドで考え抜く。

  • 4.

    アイデア

    思考の結果、いくつかの使えるアイデアが生まれる。

  • 5.

    設計

    1.〜4.を元にコンテンツを具体化し仕様策定を行う。

  • 6.

    構築

    設計からデザインに落とし込みカタチにする。

  • 7.

    検証

    当初の目的やテーマに落とし込まれているか確認する。

  • 8.

    適用

    さまざまなコミュニケーションに適用する。

関連実績

PAGE TOP

Contact

当サービスで分からないことは、
どうぞお気軽にお問い合わせください。
ご相談・ご質問等はこちらから
お問い合わせください。

お問い合わせ