映像制作

ショートフィルムからTVCM、PV、Web、インタラクションなどジャンルを横断して手掛け、
シネマ表現とグラフィックデザインをベースに新たな映像表現を探求しています。

開発可能な映像ジャンルと媒体

【ジャンル】 :
実写映像/モーショングラフィックス/2D・3Dアニメーション/ストップモーション/
【媒   体】 :
ショートフィルム/TVCM(キー局向け)/プロモーションビデオ/子供向け教育・知育番組/各種教材/ドキュメンタリー/記念映像/ミュージックビデオ/Web等

映像制作 4つの得意分野

幅広い制作ジャンルでの開発が可能です。


01Motion Graphics

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスイメージ

モーショングラフィックスは、グラフィックデザインをベースとしたアニメーション映像です。基本設計はデザイン開発のアプローチで行い、目的を見定め課題解決のためのシナリオ(情報設計)を作成します。モーショングラフィックスのメリットは、視聴者が僅か数分でサービスや商品など理解できるという点です。また、心地よい動きとイラストレーションにより、ブランドロイヤルティを高めることが可能です。

モーショングラフィックスイメージ

02Live-action Film

実写映像

実写映像イメージ

実写映像制作では、総合芸術である映画表現を意識した制作過程を基本とし、主題とテーマ(メッセージ)の企画検討からプロット制作、脚本・シナリオ制作、絵コンテ、演者オーディション、ロケハン、演技指導、現場ではシネマトグラファーによる撮影、ライティング、音声収録、そしてポストプロダクションでは編集、グレーディング、コンポジット、SE/BGM制作、MA、完パケまでをワンストップで行うことが可能です。

実写映像イメージ

032D Animation

2Dアニメーション

2Dアニメーションイメージ

2Dアニメーションは、原画も元に一コマ一コマ作画(中割)して動きを付ける動画です。ARAMAでは、キー局で放映するTVCMから、子ども向け教育番組のアニメーション、またWebサイト上でCanvasの操作を高速に描画できるPixi.jsを使ったアニメーションなど、さまざま媒体での2Dアニメーションの制作に携わってきました。アニメーションは、ラテン語で霊魂を意味するアニマに由来しており、命を与えて動かすことを意味し、それこそがアニメーションの奥深さであり魅力といえます。

2Dアニメーションイメージ

04Stop Motion

ストップモーション

ストップモーションイメージ

ストップモーションは、日本ではコマ撮りと言われるのが一般的ですが、スチールカメラで1コマずつ撮影し動画にしていきます。実際の人物を撮影し動画にしたり、立体造形によるオブジェクトやキャラクターを制作しアニメーションにしたり、素材もさまざまで何でも可能です。例えば、石がボールのように跳ねた表現をしたり、椅子が街を徘徊するような表現など、表現次第で非現実的な視聴者にインパクトや強いメッセージを与えることが可能です。

ストップモーションイメージ

関連実績

PAGE TOP

Contact

当サービスで分からないことは、
どうぞお気軽にお問い合わせください。
ご相談・ご質問等はこちらから
お問い合わせください。

お問い合わせ